▼3日、箱根駅伝の復路が行われ、往路優勝の順大が6年ぶり11回目の総合優勝を決めた
▼順大は復路もトップタイム。1分42秒差のスタートだったが、2位に6分13秒の大差をつけてゴールした
▼順大は区間賞を4人がマークしたが、4分差をひっくり返し2分近く差をつけた「山の神様」今井正人選手の激走と、区間新のアンカー・松瀬元太選手の走りが光った
▼日大が2位、東海大が3位だった
総額≪1,800万円≫
当たる!!貰える!!
前 次
トップへ
バックナンバ
(C)ケータイニュース